ひめがみ神楽/ライムの安土城

ひめがみ神楽/ライムの安土城
物霊「茶運び人形」

茶運び人形

コメント(0)

茶運び人形の最大強化時の能力と情報のデータです。

【茶運び人形の能力】

キャラ能力

クラス武器種
法具

攻撃方法

自身の攻撃力に応じて、味方の最もHPが少ないひめがみのHP回復。
(CD時間10秒)

最大強化時のステータス

LVATK
651423

奥義

「からくり歯車+ Lv1」
指定した敵に400%の属性『白』ダメージを与える。更に14秒間、目標の防御力を低下(弱)。

アクティブスキル

「品茶 Lv1+5」CD時間22秒
自身の攻撃力に応じて、指定した味方ひめがみのHPを回復(並)。
(対象のHPが100%の時、追加で12秒間、ダメージシールド(大)を付与。)

パッシブスキル

「茶運び人形」
所持者のHP上限を自身の攻撃力の128%相当分上昇。

「機巧」
所持者の防御力低下中の敵に対するダメージが上昇。

「奉仕・大」
所持者のスキルCDが短縮。

絆スキル

「こぼすな・初」
所持者のスキルCDが減少。

「こぼすな」(伝承の絆で変化)
所持者のスキルCDが減少。
所持者の回復量が上昇。

【茶運び人形の情報】

台詞

「わたし…好き…ここの…生活…」

 

情報

イラストレーター:ms06s

紹介1

身長:155㎝
好き:家事、ネジ巻き
嫌い:ホコリ
召使のような着物姿に前掛けをし、眉は薄く切れ長の眼、お盆といれたてのお茶を持った物霊です。でも珍しいことに、人身と化しても外見があまり変わっていません。身長のサイズ以外は、元のからくり人形としての姿を保っています。
「からくり人形」は、江戸時代につくられた機械人形です。かなり貴重な品で、金持ちの道楽品でもありました。この人形は、主人の客にお茶を運ぶために発明されたカラクリなのです。

紹介2

この、もの静かで言葉の少ない少女は、選ばれた主の家に、突然現れます。そして自発的にメイドのように働き始めます。
お茶くみ、水遣り、書架の整理、ホコリ拭きといった、メイドに求められる家事技能全てを、たまに「関節がひっかかる」ことがない限り、完璧にこなすことができます。
人にネジを巻かれるのが大好きです。ネジ巻きされた後の彼女は、元気いっぱいになり、更に頑張ってくれるのです。

紹介3

彼女は実際に存在している少女ですが、実態は物霊です。そして物霊となる前は「からくり人形」として存在していました。
そのため、主に仕えている時、たまに「動きが固い」感じがします。
それは、あたかも人形が人間のように動こうとしているかのようであり、それを見ると少し不気味に思うかもしれません。

【茶運び人形の物霊時全身図】

物霊「茶運び人形」

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×