ひめがみ神楽/ライムの安土城

ひめがみ神楽/ライムの安土城
物霊「龍紋包丁」

龍紋包丁

コメント(0)

龍紋包丁の最大強化時の能力と情報のデータです。

【龍紋包丁の能力】

キャラ能力

クラス武器種
刀剣

攻撃方法

敵単体にダメージを与え、更に低確率で出血状態にする。
(CD時間3秒)

最大強化時のステータス

LVATK
801814

奥義

「解体術+ Lv1」
指定した敵に600%の属性『青』ダメージを与える。
(出血状態の敵へのダメージが上昇。)

アクティブスキル

「肉質分析 Lv1+5」CD時間24秒
12秒間、所持者の蓄撃によるダメージを上昇(並)、更に蓄撃の獲得SPを1%上昇。

パッシブスキル

「龍紋包丁」
所持者の攻撃力を自身の攻撃力の27%相当分上昇。

「解体術」
所持者の種別『動物』に対するダメージが上昇。

「鋭刃」
所持者の会心ダメージが上昇。

絆スキル

「料理の情熱・初」
所持者の会心率が上昇。

「料理の情熱」(伝承の絆で変化)
所持者の会心率が上昇。
通常攻撃時、低確率で所持者のスキル2のCDが1秒間減少。

【龍紋包丁の情報】

台詞

「料理人、龍紋包丁、お呼びに答えて主に奉仕いたします。おや?あなたはトウテツ様ではありませんね?今晩の食事はいつもの10分の1にしないと。」

 

情報

イラストレーター:ms06s

紹介1

身長:174㎝
好き:生肉
嫌い:缶詰
彼女は、トウテツの刺繍が施された青いヘアバンドで髪をポニーテールにして、シンプルで上品な服装をしています。片手でサングラスを押し上げ、もう片方の手で龍紋の包丁を持つ彼女こそ、龍紋包丁なのです。
現世には「庖丁解牛」という寓話において、庖丁(料理人のこと)の牛の解体の技が素晴らしかったことから、彼が調理に使用した刃物を庖丁(包丁)と呼ぶようになったと言われています。
彼女は、トウテツが異世界を彷徨っていた時に偶然手に入れた豪華な包丁です。現代では失伝した製法とダマスカス鋼で作られたものであり、切れ味抜群で刀身も堅い、絶品です。

紹介2

自分に非常に自信があり、たまに中二病的な発言をすることがあります。
金髪の容姿と長身は、かつての主人である西国の高貴な姫君の影響です。物霊となった後も、古老としての力を象徴する龍紋を持っているため、龍の一族であるとも自称しています。
凄い履歴を持って物霊になったため、自分が稀代の調理器具であると信じています。そしてそれが驕りと自信につながっているのです。

紹介3

トウテツ専用の包丁として一緒に旅をし、世界各地の美食を探し求めています。様々な美食を味わい、色々な宴を経験したことで、彼女はより料理への理解を深めました。そして、食材の風味を損なわず、速やかに解体することができるようになったのです。
彼女はトウテツが各地で旅するとき、欠くことのできない助手です。噂によれば、もともと彼女には龍紋が入っていなかったのですが、トウテツがこの包丁が好きすぎ、かつ龍紋が膨大な力を持ち、しかもかっこいい紋章だということで付けたと言われています。

【龍紋包丁の物霊時全身図】

物霊「龍紋包丁」

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×